ここから本文です

復帰戦で2発の離れ業!! 完全復活のU-23代表FW中島「テグさんを勝たせたい思いがある」

ゲキサカ 6月29日(水)23時49分配信

[6.29 キリンチャレンジ杯2016 U-23日本代表 4-1 U-23南アフリカ代表 松本平]

 頼れる男が完全復活をアピールした。手倉森ジャパン発足から攻撃の核として活動してきたMF中島翔哉(FC東京)。4月に右膝内側側副靭帯損傷で戦線離脱して、5月の佐賀キャンプ、そしてトゥーロン国際大会とU-23日本代表の活動に参加できなかったものの、リオ五輪最終メンバー発表前のラストマッチで改めて存在感を示した。

「チームもそうですが、テグさん(手倉森誠監督)を勝たせたいという思いが当然ある」。その思いを持って試合に入った中島は序盤から鮮やかなターンとボールタッチで攻撃にリズムをもたらすと、1点のビハインドを背負って迎えた前半37分に同点ゴールを記録する。

 中盤から飛び出したMF大島僚太(川崎F)がMF矢島慎也(岡山)のスルーパスからPA内に進入。大島が相手GKを引きつけると、「パスをくれる前に目があったので、出して来れるかなと思った」と中島はゴール前に走り込む。すると、大島から送られたラストパスを左足で流し込んでネットを揺らした。「ギリギリでしたね」とフリーの中で放ったシュートが際どいコースに飛んだこともあって苦笑したものの、パスを出してくれた大島に「すごく、ありがたかった」と感謝を示した。

 前半45分には正確なサイドチェンジを送って、矢島の得点の起点となると、同アディショナルタイムには自身2点目を奪取する。高い位置でFW浅野拓磨(広島)がボールを奪うと、クロスに飛び込んでヘディングで叩き込んだ。

 2得点という活躍にも「個人よりもチームが勝ったことがすごく良かった。点を取ったからではないけど、チームが勝ったのがすごくうれしい」と何よりもチームが勝利したことに喜びを表した。2日後には五輪最終メンバーが発表される。「選ばれるか選ばれないかは分からないですけど、世界に対する準備は常にしている」と力強く語った。

最終更新:6月29日(水)23時49分

ゲキサカ