ここから本文です

ポルシェ、新型パナメーラを公開

carview! 6/29(水) 10:36配信

独ポルシェはドイツ・ベルリンで現地時間28日、4ドアスポーツサルーン「パナメーラ」の新型を発表した。2009年の初代登場から2代目となる今回の新型は、スポーツカーのパフォーマンスとラグジュアリーサルーンの快適性を、これまで以上に高いレベルで融合させたとのこと。ヨーロッパでは11月に発売が予定される。

【ポルシェ パナメーラの写真をもっと見る(19枚)】

エクステリアは、リアエンドに向かってルーフラインが傾斜する“フライライン”を採用し、クーペのようなスタイルを追求。ポルシェを象徴するスポーツモデル「911」とのつながりを表現した。

パワートレインは当面は、V6ツインターボとV8ツインターボの2種類のガソリンエンジンを用意する。最高出力はV6が440ps、V8は550ps。トランスミッションは8速PDK IIを採用し、燃費は16%向上しているという。

機関面では、後輪操舵機構“リアアクスルステア”や、ロールを抑える効果がある“アクティブロールコンペンセーション”、乗り心地とハンドリングを追求した“3チャンバーエアサスペンション”など、先進技術を投入している。

内装には、新たに“ポルシェ・アドバンストコクピット”が採用される。これはLEDスクリーンによりスマートフォンのような直感的な操作性と視認性を実現したもの。また、オンライン機能を持つ“ポルシェ・コミュニケーション・マネージメントシステム”や、スマートフォンなどを通じたリモートコントロールに対応した“ポルシェ コネクト”など、最新のインターフェイスを取り入れたのが特徴だ。

なおポルシェは新型パナメーラの生産に向け、ライプツィヒ工場の生産設備を一新。最新の技術により組み立てを行う。

株式会社カービュー

最終更新:6/29(水) 11:27

carview!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。