ここから本文です

パナメーラ、ニュルで高級セダン最速タイムを達成

carview! 6/29(水) 16:56配信

ポルシェは、29日に発表となった新型「パナメーラ」がニュルブルクリンク北コースにおいて“高級セダン最速”となる7分38秒を達成したと発表した。タイムアタックの模様を伝える映像も公開した。

【ポルシェ パナメーラの写真をもっと見る(5枚)】

ポルシェは、新型パナメーラのアンベールに先立ち公開した予告映像で、世界記録への挑戦をほのめかしていた。それが、今回発表されたニュルブルクリンクサーキットにおける記録達成のことだった。同サーキットのラップタイムは、世界中の自動車メーカーが走行性能の指標としているもの。7分38秒というタイムは、「ポルシェ911ターボ」(2006)や「レクサス LF-A」(2010)に匹敵する。

4ドアセダンに限定すれば、「アルファ ロメオ ジュリア クアドリフォリオ」(2015)が7分39秒を達成しているが、今回新型パナメーラは、そのアルファ ロメオのタイムを上回り、高級セダン最速の達成をうたってきた。

記録をなし遂げた新型パナメーラ ターボは、4リッターV8ツインターボエンジンを搭載。最高出力550ps(従来比+30ps)、最大トルク770Nm(同+70Nm)を発生する。スポーツクロノ仕様車の0-100km/hタイムは3.6秒、最高速度は306km/hを誇る。

なおポルシェは同日、日本において新型パナメーラの予約受注を7月28日に開始すると発表した。今回発表されたのは、V6ターボエンジン搭載の「パナメーラ4S」と、V8ターボエンジン搭載の「パナメーラターボ」。価格は前者が1591万円。後者は2327万円。

株式会社カービュー

最終更新:6/29(水) 17:30

carview!