ここから本文です

綾野剛がNYの映画祭授賞式に登壇、「日本で一番悪い奴ら」引っさげ喝采浴びる

映画ナタリー 6月30日(木)5時0分配信

アメリカ現地時間6月28日、第15回ニューヨーク・アジア映画祭にてライジング・スター賞授賞式が行われ、受賞者の綾野剛が主演作「日本で一番悪い奴ら」の監督・白石和彌とともに参加した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

ライジング・スター賞とは、世界的な活躍が期待される俳優に贈られるもの。授賞式にて綾野が「会場の皆様、本日はご来場いただきありがとうございます。ニューヨーク、最高です!」と英語で挨拶すると、満員の客席から歓声と祝福の拍手が。白石は「ビッグスター!」と綾野を紹介し、「映画の中でたくさん悪いことをしていますが、そのおかげでこの作品とライジング・スター賞を授賞した綾野剛がこの場にいます」と伝えて会場を沸かせる。

映画祭のオープニング作品としても上映された同作。実際の事件にもとづき、“S”と呼ばれる裏社会のスパイとともに悪事に手を染めていく北海道警刑事・諸星要一の半生を描く。授賞式後の公式上映では、綾野演じる諸星の言動に絶えず笑いが起こり、後半に差しかかると観客は物語に引き込まれていく様子を見せた。

上映後、観客とともに客席で鑑賞していた綾野と白石が登壇すると、会場には再び割れんばかりの拍手が響く。綾野は「笑いながら楽しんで観ていただいたことに、とても感銘を受けています。ある出来事をきっかけに物語は重厚感を増していきますが、会場のリアクションもそれに応じて呼吸しているようで、そこは日本の劇場と似ていると感じました」と感激をあらわに。白石も「聞くところによると、ニューヨークでも警察の不祥事などがあるようですし、ギャングもいる。そのような環境で、どう観てもらえるのか不安だったが、楽しんでもらえて安心しました」と述べ、安堵の表情を浮かべた。

「日本で一番悪い奴ら」は全国の劇場で上映中。



(c)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会

最終更新:6月30日(木)5時0分

映画ナタリー