ここから本文です

会社に壊されない生き方(2)会社員時代より幸せ「ダウンシフト」という選択

THE PAGE 7/3(日) 18:02配信

THE PAGE

 「ダウンシフト(減速生活)」という言葉がある。業績や生活の向上を追い求めて働きすぎたり、金銭やモノを過度に追い求めるのをやめて、収入を減らしてもゆとりある人生を送ろう、という生き方を指す。このダウンシフトの実践者で、『減速して自由に生きる ダウンシフターズ』(筑摩書房)という著書もある高坂勝さん(45)は、大学卒業後に就職した大手小売会社を30歳で退職した経歴を持つ。理由は「心労」だった。

会社員時代より収入が少なくても幸せ

 東京・JR池袋駅から徒歩十数分。にぎわう街から少し離れたところに、高坂さんが経営するオーガニックバー「たまにはTSUKIでも眺めましょ(以下、たまTSUKI)」がある。

 営業は夜のみ。毎週火曜から金曜の週4日開店する。店の収入は会社員時代よりも少ないが、必要以上に稼ぐつもりはない。週の半分はこのバーの運営にたずさわり、もう半分は千葉県匝瑳(そうさ)市内で農業を営むという現在の生活を、高坂さんは「楽しいし、幸せです」と話す。

 そんな高坂さんが、会社員時代の末期には「これ以上会社に勤めていたら、自殺しかねない」というところまで追い詰められていた。

 今から22年前の1994年春、新卒で入社した大手小売会社では、婦人雑貨売場などを担当。同期入社の中でも上位クラスの販売成績をあげ、中間管理職にも昇進するなど数年は順調だったが、時代はバブル経済崩壊後で市場は“右肩下がり”。売上高の目標達成が困難な状況に陥っていく。

なぜ、会社の売り上げのために死ななければいけないのか

 業績が思わしくなければ、『だからお前はだめなんだ』などと上司から厳しく叱責された。「評価は下がりますし、自分でも『なんて自分はダメなやつなんだ』とレッテルを貼っていました」。上司からのプレッシャーに自責の念も加わって、高坂さんは追い詰められていく。

 売り上げを伸ばそうにも、「顧客によろこびを提供する」という、本質とは掛け離れた指示を再三受け、思うに任せない。優先度の低い書類やマニュアル作成を指示され、販売に必要な仕事が後回しになった。「現場に元気がない」と言い出した店長が売り場に来るタイミングに合わせ、「いらっしゃいませ」と元気に声を上げねばならない時もあった。誰のために働いているのか、わからなくなっていった。

 心労はつのり、ついに、駅のホームで「電車に飛び込めば楽になれる」と何度となく思うまでに。限界だった。退職したのは2000年秋。その際、「会社を辞めたらもう結婚できないだろう」と覚悟を決めた。

 「今考えるとバカらしいですね。なぜ、会社の売り上げのために死ななければいけないのか」と笑う高坂さん。退職から16年弱経った現在は結婚し、子供もいる。

1/2ページ

最終更新:8/26(金) 21:16

THE PAGE

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。