ここから本文です

<マイカ・モンロー>「インデペンデンス・デイ」新ヒロインがセクシードレスで美背中

毎日キレイ 6月30日(木)19時59分配信

 映画「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」(ローランド・エメリッヒ監督、7月9日公開)でヒロインを演じたマイカ・モンローさんが30日、東京都内で行われたイベントに登場。モンローさんはスカート部分に深いスリットの入ったセクシーな白のドレス姿で“美背中”も披露。会場に集まった日本のファンを魅了した。

【写真特集】スカートのスリットから…全身ショットも!

 映画には、主人公の熱血パイロット・ジェイクの恋人で、前大統領ホイットモアの娘・パトリシア役で出演しており、モンローさんは「ヒロインは誰もがやりたがる役。夢がかないました」とにっこり。「パトリシアは頭が良くて、強い女性で、非常に楽しめました」と撮影を振り返っていた。

 映画は、地球を侵略しようとするエイリアンと人類の戦いを描き、大ヒットしたSF映画「インデペンデンス・デイ」(1996年公開)の続編。前作から20年後の世界が舞台で、人類は回収したエイリアンの技術を利用して防衛システムを構築していたが、再び襲来したエイリアンの高度な兵力の前でなすすべがなく、絶滅の危機を迎える……というストーリー。

 イベントにはモンローさんとともに来日を果たしたリアム・ヘムズワースさん、ジェフ・ゴールドブラムさん、エメリッヒ監督に加え、日本語吹き替えでジェイクの声を担当した藤原竜也さんも登場した。

最終更新:6月30日(木)23時36分

毎日キレイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。