ここから本文です

ジョシュア・レッドマンとブラッド・メルドーによるデュオ公演が10月に開催決定

CDジャーナル 6月30日(木)16時38分配信

 四半世紀にわたってジャズ・シーンを牽引する巨星、サックス奏者のジョシュア・レッドマン(Joshua Redman)とピアニストのブラッド・メルドー(Brad Mehldau)が日本で初めてデュオ・ライヴを開催します。公演スケジュールは10月12日(水)、13日(木)東京・南青山 BLUE NOTE TOKYO、14日(金)東京・丸の内 COTTON CLUB。

 ふたりは1992年に出会い、レッドマンのアルバム『ムード・スウィング』(1994年)のレコーディングで共演。その後もメルドーの『ハイウェイ・ライダー』(2010年)、レッドマンの『ウォーキング・シャドウズ』(2013年)などでコラボレーションを重ねてきました。現代ジャズ・サックス界に絶大な影響を与えるジョシュアと、ジャズ・ピアノの可能性を探求し続けるブラッド。今秋発売予定のデュオ・アルバムからの曲を中心に、親密な“音の会話”を届けてくれそうです。

最終更新:6月30日(木)16時38分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。