ここから本文です

「ウォーキング・デッド」ノーマン・リーダス、レストランをオープン

シネマトゥデイ 6月30日(木)4時0分配信

 テレビドラマ「ウォーキング・デッド」でダリルを演じているノーマン・リーダスと監督でプロデューサーのグレッグ・ニコテロがドラマの撮影地であるジョージア州にレストランを開業したとPeopleなどが報じた。

【写真】昔、千葉に住んでいたというノーマン・リーダス

 6月21日(現地時間)にジョージア州セノイアにオープンした“ニック&ノーマンズ”は、二人が1年ほど前に思いつき、今年1月から計画を立てていた店だという。撮影でお世話になっている地域に敬意を表すると共に、スタッフやキャストが気軽に寄れる店にしたかったそう。

 インテリアは「ウォーキング・デッド」とは一切関係なく、少し高級感を漂わせた落ち着いた雰囲気の店とのこと。メニューには、ノーマンとグレッグの名前が付いたハンバーガーもあり、それぞれ12ドル(約1,320円)と、雰囲気のいいレストランにしてはリーズナブルだ。(1ドル110円計算)

 「ドラマの撮影に関わっている人は400人ほどいるから、食事に来たファンは、ドラマの撮影に関わっている人たちと話す機会もある。メイクアップ担当やアシスタントディレクターなどと一杯やるチャンスがあるかも」とグレッグはコメントしている。(澤田理沙)

最終更新:6月30日(木)4時0分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。