ここから本文です

124種類の振動パターンでスマホゲームの演出を豊かにする触覚ミドルウェア『CRI HAPTIX』Android版が7月より提供開始

ファミ通.com 6月30日(木)10時1分配信

●プレイ時間増加・収益性向上につながるテクノロジー
 CRI・ミドルウェアは、スマートフォンゲーム向け新製品、触覚ミドルウェア『CRI HAPTIX』Android版の提供を7月より開始する。

 『CRI HAPTIX』は、124種類のバリエーションに富んだ振動パターンをゲーム演出に活用することで、これまでにないユーザー体験を実現する触覚ミドルウェア。触覚技術で世界をリードするイマージョン社と、ゲーム開発向けミドルウェアのCRIが提携して、高品質な触覚演出の開発環境がプログラムレスで実現する。


 以下、リリースより抜粋。

----------

■CRI HAPTIX の特長
1.“無音のサウンドエフェクト” で新しいユーザー体験
 CRI HAPTIX は、ゲームの映像や音声に合わせた触覚演出を可能にすることで、ゲームへの高い没入感やワクワク感を実現します。触覚演出によって、電車の中などのサウンドが再生できない環境下でも、ゲームプレイの満足度を高めることができます。まさに、振動は“無音のサウンドエフェクト”なのです。

2.プレイ時間増加・収益性向上につながるテクノロジー
 触覚演出を効果的にゲームに組み入れることで、ユーザーのプレイ時間の増加やリテンション(再訪率)の向上が見込めます。イマージョン社が米国で行ったテスト(※)では、同じゲームでも、触覚演出ありの場合のプレイ時間、起動回数、課金率が、触覚演出なしの場合に比べて高くなる、という結果が出ています。
※同一ゲームの振動有/無によるユーザーの動向調査

3.イマージョン社の特許に支えられた高品質な振動表現
 CRI HAPTIX は、2,000 を超える触覚技術の特許を保有および出願中であるイマージョン社との提携により生まれた新しいミドルウェアです。124 種類の振動パターンの組み合わせを複雑なプログラミングなしで実現し、クオリティの高い触覚演出を実現します。ゲーム表現の幅を広げ、新しいユーザー体験を生み出す開発環境を提供いたします。

■触覚ミドルウェア「CRI HAPTIX」概要
・直観的な触覚演出ツール
CRIの直感的かつ操作性に優れたオーサリングツールによって、触覚演出の組み込みから調整まで手軽に行えます。124 種類の多彩な振動パターンから、シーンにあった振動を選択して、タイムラインに配置するだけで触覚演出が設定できます。さらに、タイムライン上にサウンド情報を表示して振動パターンを載せることで、サウンドとタイミングを合わせた触覚演出も容易に設定できます。

・実機プレビュー機能で細かな調整を手軽に実現
 組み込んだ触覚演出を確認・調整できる機能です。実端末上で即時にプレビューできるうえ、ゲームを動かしながら細かい調整を行うことができるため、思い通りの演出を実現することができます。

・音と振動をズレなく連動
 CRI ADX2 の「Android 音声再生遅延推測機能」を使うことで、Android 端末で起こりがちな、サウンド、ゲーム描画、振動のズレを解決し、心地良いゲーム演出を実現します。

・各種ゲームエンジンに対応
 Unity、Cocos2d-x に対応しており、開発環境に合わせた触覚演出の設定が可能です。

<対応端末>
Android スマートフォン

<ライセンス料>
ゲームアプリの売上に応じたレベニューシェア方式(詳しくはお問い合わせください)

最終更新:6月30日(木)10時1分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。