ここから本文です

山戸結希監督作『おとぎ話みたい』“LIVE FOREVER Ver.”がBD&DVDで発売

CDジャーナル 6月30日(木)16時38分配信

 小松菜奈、菅田将暉、重岡大毅(ジャニーズWEST)、上白石萌音ら豪華キャストを迎え、ジョージ朝倉の人気漫画を実写映画化した『溺れるナイフ』が11月に公開される山戸結希監督。その2013年作監督作『おとぎ話みたい』の“LIVE FOREVER Ver.”がBlu-ray&DVDで9月16日(金)に発売されます。

 “少女映画の金字塔”と高く評価されている『おとぎ話みたい』は、とある田舎に暮らす高校3年生“高崎しほ”を主人公に、ひと冬の初恋の記憶を描く作品。14年〈『観ずに死ねるか!傑作青春シネマ邦画編』出版記念特集上映会〉に“10年代を代表する最新作”として選出され、同年12月には東京・テアトル新宿の実写レイトショー動員を13年ぶりに塗り替える爆発的ヒットを記録、上映される度に若者を中心に大きな盛り上がりをみせています。今回発売されるのは、丹念な微修正を重ねた“LIVE FOREVER Ver.”。Blu-rayには特典映像として、本作に出演し、音楽も担当したバンド“おとぎ話”のプロモーション・ビデオ「COSMOS」と特別予告編「愛のポエトリーナイト」が収録され、さらに豪華ブックレット「おとぎ話みたいな絵本」も封入。

©寝具劇団

最終更新:7月1日(金)11時14分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。