ここから本文です

熱くなったスマホを冷やせるホルダー「スマホ用冷却クーラー」登場 ファンで風を当てながら持ち運べる!

ねとらぼ 6月30日(木)8時25分配信

 冷却ファンでスマホに風を当てながら持ち運べるスマホホルダー「スマホ用冷却クーラー」が登場しました。通販サイト「サンワダイレクト」で予約を受け付けています。

【充電しながら冷却する様子】

 「スマホ用冷却クーラー」は1000mAhのバッテリー内蔵で、フル充電しておくと約5時間の使用が可能です。7枚の羽根を持つ冷却ファンがスマホに直接風を当て、長時間の使用などによる熱暴走を防ぎます。

 ホルダーはスマホ本体を挟み込むタイプで、横幅53~95ミリ、厚さ15ミリ以下のスマホに対応。縦のサイズに制約がないので大型のスマホに取り付けることも可能です。背面にはスマホを立てて置けるスタンドが付いており、デスクなどに置くことで手に持つよりも冷却力がアップします。

 USB Aポートが付いているので本製品のバッテリーでスマホを充電することも可能。スマホの充電と冷却を同時に行うことも可能で、充電中のスマホの温度上昇を防ぐことができます。これは便利!

 「スマホ用冷却クーラー(型番400-CLN023)」の販売価格は3685円(税別)、本体サイズはW61×D41×H118ミリ、重量は約99グラムです。詳細はサンワダイレクトのサイトで確認できます。

(神奈川はな)

最終更新:6月30日(木)8時25分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]