ここから本文です

<佐藤栞里>ファッション誌で単独初表紙 緊張で撮影前に神社にお参り

毎日キレイ 7月1日(金)12時0分配信

 モデルでタレントの佐藤栞里さんが1日発売の女性ファッション誌「mini(ミニ)」(宝島社)8月号の表紙を飾った。佐藤さんが単独でファッション誌の表紙を務めるのは今回が初めて。同誌に初登場したのは約5年前で、同号に掲載されたインタビューで「正直、こんな日が来るとは、思っていなかったです」と喜びを語りつつ、緊張のため「(表紙の撮影で)スタジオに来る前に神社に寄ってきました」と明かしている。

【写真特集】緊張したとは思えない! さわやか佐藤栞里の表紙

 また、「miniに出させてもらうようになる前は、実はモデルとしての活動に悩んでいた時期で。自分のやりたいことをやろうと決断して、自分からマネジャーさんに『miniに出たい』って伝えたんです」と告白。そんな過去もあったことから、表紙の撮影には「緊張して緊張して……」といい、神社へのお参りのほか「願掛けのために『べっぴんお守り』持って」きたと話している。

 同号は「佐藤栞里になりたーい」と題し、8ページのとじ込み付録で、佐藤さんのファッションスタイルを紹介するほか、インタビューや、プライベートを聞く100問100答なども掲載。セレクトショップ「BEAMS(ビームス)」とコラボしたメッシュケース(縦約29センチ×横約25センチ×マチ約8センチ)などのセット「ビームス特製 ヴィンテージミッキー 大満足の5点セット」が付録になっている。

 また、同誌の公式インスタグラムアカウントをフォローし、付録を撮影した写真を投稿するとTシャツやスニーカー、リュックなどが抽選で当たるキャンペーンを31日まで実施する。

最終更新:7月1日(金)12時0分

毎日キレイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。