ここから本文です

【CBC賞】ブルズアイ豪快リハ

デイリースポーツ 6月30日(木)6時59分配信

 「CBC賞・G3」(7月3日、中京)

 重賞2勝目を狙うエイシンブルズアイが29日、栗東坂路で文句なしの動きを披露。狙い澄ました一戦に向けて好ムードを漂わせた。同坂路で一番時計をマークしたベルカント、美浦坂路で一番時計のスノードラゴンも気配の良さが目立った。

 もはや本格化は疑いようがない。5歳にして充実期を迎えたエイシンブルズアイが栗東坂路で豪快なアクション。持ったままで4F52秒3-37秒7-12秒1をマークした。

 「予定通りだね。やればやるだけ時計は出る馬だから。やるごとに良くなってるし、このひと追いでさらに良くなるでしょう」と野中師は納得のいく仕上がりに目を細める。3カ月ぶりでもしっかり態勢は整った。

 未完の大器と呼ばれた素質馬が、ようやく軌道に乗った。3歳春の時点でも毎日杯2着など能力を示していたが、その後は重賞の壁にはね返されていた。ひと皮むけたのが今春。オーシャンSで重賞タイトル奪取に成功すると、続く高松宮記念でも5着と健闘し、一線級の能力を証明した。

 転機になったのが、年明けにマイルを2度使ったこと。「位置を取りに行って負けているレースが続いていたから、1600メートルで我慢させてためる競馬を覚えさせたかった」と指揮官は意図を明かす。京都金杯6着、洛陽S2着と勝てはしなかったが、効果はてきめん。1200メートル戦に戻すと、抜群の瞬発力を使える馬に変貌した。

 「この後はセントウルS(9月11日・阪神)からスプリンターズS(10月2日・中山)へ。ハンデ(57キロ)もこんなものだと思っていたし、賞金加算はしておきたいね」と期待を膨らませる。夏の桶狭間で土台を築き、秋の大舞台に備える。

最終更新:6月30日(木)7時31分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ