ここから本文です

日立製作所、「セキュアWebブラウジングソリューション」を提供

BCN 6月30日(木)16時13分配信

 日立製作所(日立、東原敏昭社長兼CEO)は、企業や自治体向けに、インターネットを経由した企業・組織内の業務システムからの情報漏えいを防止する「セキュアWebブラウジングソリューション」を開発し、6月29日に提供を開始した。

 セキュアWebブラウジングソリューションは、アプリケーション仮想化技術を用いて、インターネット接続のブラウザ環境(インターネット接続環境)と社内ネットワークの業務環境を切り分けるインターネット分離を、既存の業務システムに手を加えることなく実現し、インターネット経由での情報漏えいを防止するもの。インターネット分離に必要となるシステム構成のパターンをあらかじめテンプレート化して、「マネージドサービス」または「統合プラットフォーム」の二つの形態で提供することで、短期間でのシステム導入を実現する。

 具体的には、アプリケーション仮想化を実現する「Citrix XenApp」を活用して、社内ネットワークの業務環境とは別のサーバー上に構築したアプリケーション仮想化基盤上で、インターネット接続環境を実行し、ユーザーのPCに画面転送して利用する。これにより、ユーザーの利便性を損なわず、さらには既存の社内システムに手を加えることなく、インターネット分離を実現する。

 また、アプリケーション仮想化基盤上で、セキュリティパッチやウイルスワクチン、アプリケーションなどの最新版を一括適用することができ、ユーザーはセキュリティ対策を意識することなく、インターネットの利用が可能となる。万一、ウイルス感染が疑われる場合にも、運用管理者がアプリケーション仮想化基盤上で駆除できるため、ユーザー側での対応は必要ない。

 オプションとして、操作ログの収集やファイル転送、マルウェア対策といったサブシステムについてもテンプレート化して提供できるため、さらなるセキュリティリスクの低減が可能。また、情報システム部門への運用管理支援や稼働監視などのサービスも提供し、管理者の運用負担軽減とシステムの安定稼働を実現する。

 税別価格は、マネージドサービス「かんたん PrivateDaaS」が月額60万円から、統合プラットフォーム「Hitachi Unified Compute Platform かんたん VDIモデル」が845万円から。

最終更新:6月30日(木)16時13分

BCN

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]