ここから本文です

『ゼルダの伝説』30周年を記念して京都、名古屋、東京でフルオーケストラコンサートが開催決定!

ファミ通.com 6月30日(木)12時11分配信

●オリジナルデザインチケット&ピンズセット付きの特別席も!
 任天堂より発売中の『ゼルダの伝説』の30周年を記念して、京都、名古屋、東京でフルオーケストラコンサートが開催されることが決定した。日程は、京都公演(ロームシアター京都 メインホール)が2016年10月1日、東京公演(東京芸術劇場 コンサートホール)が2016年10月16日、名古屋公演(日本特殊陶業市民会館 フォレストホール)が2016年12月14日となる。チケットの先行予約受付は本日6月30日より開始される。

 以下、リリースより。

----------

■ゼルダの伝説 30周年を記念してフルオケ・コンサートを京都・名古屋・東京で開催!

 人気ゲームソフト「ゼルダの伝説」の30周年を記念したフル・オーケストラのコンサートが開催される。「ゼルダの伝説」は1986年2月に第1作がファミリーコンピュータ ディスクシステムで発売。以来、長きにわたって多くのファンに支持され続けているゲームソフト。

 コンサートでは、歴代のシリーズを彩る名曲の数々がフルオーケストラによる迫力のサウンドで演奏。ステージ上のスクリーンにはゲームの興奮を呼び醒ますゼルダの映像が映し出され視覚と聴覚を体感できる。又、「ゼルダの伝説」30年の歴史に関わる"あの人"もゲストで参加を予定してるとの事だけに、期待が高まる。

 記念コンサートは任天堂の本社がある京都でスタートし東京、名古屋を巡演。指揮は、「ゼルダの伝説 25周年 シンフォニー オーケストラコンサート」(2011年10月開催)でもタクトを振った竹本泰蔵。演奏は開催各会場の地元の名門オケが担当。

 今回はオリジナルデザインのチケットに記念グッズ「ピンズセット」が付いたマスターシートも用意され、会場では本公演でしか手に入らないオリジナルグッズの販売も予定されている。

 30年に渡って輝き続けるゼルダの音楽の魅力を、迫力のフルオーケストラの演奏で堪能できる「ゼルダの伝説 30周年記念コンサート」のチケットは、一般発売に先駆け6月30日(木)より先行予約受付(抽選)がスタートする。詳細はコンサート公式サイトを参照。

(※ファミリーコンピュータは任天堂の商標です)

<ゼルダの伝説 30周年記念コンサート/公演概要>
指揮:竹本泰蔵(3公演とも)
オーケストラ:
・京都フィルハーモニー室内合奏団(京都)
・東京フィルハーモニー交響楽団(東京)
・セントラル愛知交響楽団(名古屋)

公演日程:
◆京都公演
日時:2016年10月1日(土) 16:15開場 / 17:00開演
会場:ロームシアター京都 メインホール

◆東京公演(昼夜2回公演)
日時:2016年10月16日(日)
 【昼公演】13:00開場/13:30開演
 【夜公演】17:30開場/18:00開演
会場:東京芸術劇場 コンサートホール

◆名古屋公演
日時:2016年12月14日(水) 18:15開場 / 19:00開演
会場:日本特殊陶業市民会館 フォレストホール

チケット料金(全席指定/税込):
・マスターシート 12,000円 (※オリジナルデザインチケット、記念グッズ「ピンズセット」付き)
・S席 9,000円
・A席 7,500円
※未就学児入場不可。
※マスターシート席の記念グッズは公演当日の入場時に引換え。
チケット一般発売日:
・京都・東京 7月30日(土)/名古屋 9月3日(土) ※先行抽選受付あり

最終更新:6月30日(木)12時11分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。