ここから本文です

ローランド・エメリッヒ監督の次回作は、月が落ちてくるSF「ムーンフォール」

映画.com 6月30日(木)12時0分配信

 [映画.com ニュース] 大ヒット作「インデペンデンス・デイ」の20年ぶりの新章「インデペンデンス・デイ リサージェンス」がついに全米公開された、ディザスター映画の巨匠ローランド・エメリッヒ監督の次回作が明らかになった。

 新作「ムーンフォール(Moonfall)」は、2012年にエメリッヒ監督がハラルド・クローサーとスペンサー・コーエンと共同で執筆した脚本がもとになっており、タイトルの通り、軌道から外れて地球目がけて落下してくる月に対処する人々を描くSFディザスター映画。

 米バラエティによれば、米ユニバーサル・ピクチャーズがこのほど同作の権利を獲得。エメリッヒがプロデュースと監督を務めることになった。

 「インデペンデンス・デイ リサージェンス」は、7月9日から全国公開。

最終更新:6月30日(木)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。