ここから本文です

殺人・強姦致死罪で米軍属を追起訴

沖縄タイムス 6月30日(木)13時37分配信

 沖縄県うるま市の女性会社員=当時(20)=が遺体で見つかった事件で、那覇地検は30日、殺人と強姦(ごうかん)致死の両容疑で送致された元米海兵隊員の軍属の男(32)を、両罪で追起訴した。
 起訴状によると同被告は、4月28日午後10時ごろ、うるま市の路上で通行中の女性の頭部を棒で殴り、両手で首を絞め、ナイフで首のあたりを数回突き刺した。女性の反抗を抑圧して暴行しようとしたが、その目的を遂げず、殺害した。死因は不明。
 沖縄県警は5月19日に死体遺棄容疑で同被告を逮捕し、那覇地検が6月9日死体遺棄罪で起訴。同日、殺人などの容疑で県警が再逮捕していた。

最終更新:6月30日(木)13時37分

沖縄タイムス