ここから本文です

「不機嫌なモノノケ庵」舞台化!原嶋元久ら4名が芦屋花繪と安倍晴齋演じる

コミックナタリー 6月30日(木)12時0分配信

ワザワキリ原作によるテレビアニメ「不機嫌なモノノケ庵」の舞台化が決定。9月6日から11日までの期間、東京・赤坂RED/THEATERにて上演される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「舞台(ステージ)『不機嫌なモノノケ庵』」にはD-BOYSの陳内将、「學蘭歌劇『帝一の國』」で大鷹弾役を演じた入江甚儀、「ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』」のワールドツアーでうずまきナルト役を演じる元木聖也、ミュージカル「テニスの王子様」2ndシーズンの切原赤也役で知られる原嶋元久といった、4名のキャストが出演。4名全員が芦屋花繪と安倍晴齋の2役を演じ、全12公演すべてが異なる組み合わせで展開される。公演の詳細は舞台の公式サイトにて確認を。

チケットの先行発売は7月2日11時にスタート。一般発売直前の先行発売は7月22日18時に、一般発売は7月23日10時にそれぞれ開始される。4名のキャストによりどのようなステージが繰り広げられるのか、楽しみに待ちたい。

ガンガンONLINE(スクウェア・エニックス)にて連載中の「不機嫌なモノノケ庵」は、いつも不機嫌そうな物怪庵の主・安倍晴齋とともに、妖怪を祓う仕事をすることになった主人公・芦屋花繪を描く物語。テレビアニメはTOKYO MXでは7月3日より放送されるほか、読売テレビ、中京テレビ、BS11、AT-Xでもオンエアされる。

舞台(ステージ)「不機嫌なモノノケ庵」
期間:2016年9月6日(火)~11日(日)会場:赤坂RED/THEATER

最終更新:6月30日(木)12時0分

コミックナタリー