ここから本文です

【夏休み2016】総プログラム数なんと200超!かながわ子どもワクワク体験

リセマム 6月30日(木)19時15分配信

 神奈川県は夏休み期間に、県内の施設や学校にて「夏休みかながわ子どもワクワク体験」を実施する。幼児や小学生~高校生とその保護者を対象にしたものや、誰でも参加可能な企画など、ものづくりや科学、自然体験など6つのジャンルでさまざまなプログラムを用意している。

平成28年度 夏休みかながわ子どもワクワク体験「ものづくり体験」プログラム(一部)

 夏休みかながわ子どもワクワク体験は、県内の施設や学校を舞台に子どもたちの「生きる力」を育むことを目的に実施しているもの。体験活動は、「ものづくり体験」「科学体験」「自然体験」「社会体験」「歴史体験」「その他の体験」の6つから選ぶことができる。

 「ものづくり体験」では、紙すき和紙でつくるうちわづくりや、木竹工体験、陶芸体験、ガラス工芸など50種のプログラムを用意。「科学体験」では、ロボットプログラムや、スクラッチでプログラミング体験、一日獣医師体験、星空教室など39種のプログラムを行う。

 「自然体験」では、夏野菜の収穫体験や自然観察会など52種のプログラムを、「社会体験」では、一日看護体験やボランティア体験など19種のプログラムを実施。「歴史体験」では、県立地球市民かながわプラザ(あーすぷらざ)にて「見よう、聞こう、考えよう、子ども平和学習」を行う。「その他の体験」では、スポーツや音楽、料理、文化など多彩な49種のプログラムを用意している。

 神奈川県Webサイトでは、各ジャンルのプログラム内容や開催日時、場所、対象、定員、費用、募集期間、応募方法など、プログラムの詳細一覧を記載。200を超えるプログラムから興味のある内容を選んで参加することができる。

 また夏休み期間中、県内の9高校にて小・中学生とその親子を対象とした「親子ものづくり体験教室」も開催する。工業高校を中心に、レジン液のオリジナルアクセサリー作りや、光と音の電子工作、ペーパーウエイト、七宝焼きなどのものづくり体験を用意。いずれも、詳細は県Webサイトにて公開している。

《リセマム 畑山望》

最終更新:6月30日(木)19時15分

リセマム