ここから本文です

日産、ロシア工場10周年…「現地生産を継続」

レスポンス 6月30日(木)10時0分配信

日産自動車は6月22日、ロシアのサンクトペテルブルグ工場が、プロジェクト立ち上げから10周年を迎えた、と発表した。

日産は2006年4月、サンクトペテルブルグの新工場建設計画を発表。2006年6月には、第10回サンクトペテルブルグ国際経済フォーラムにおいて、サンクトペテルブルグ市と覚書を、経済発展貿易省と車両組立に関する合意書を締結した。

2007年2月にサンクトペテルブルグ市は、このプロジェクトを同市の戦略的投資プロジェクトと位置づけ。同年7月、工場起工式を行った。

生産開始は2009年6月。当初の年間生産能力は5万台。4ドアセダンの『ティアナ』や小型SUVの『エクストレイル』を生産してきた。

6月22日、ロシアのサンクトペテルブルグ工場が、プロジェクト立ち上げから10周年に。ロシア新車市場は低迷が続いているが、日産は「引き続き、ロシアでの現地生産を行っていく」とコメントしている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:6月30日(木)10時0分

レスポンス