ここから本文です

宮川大輔が映画「ミュータント・タートルズ」続編で声優初挑戦、藤森とコンビ役

お笑いナタリー 6月30日(木)12時0分配信

8月26日(金)公開の映画「ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>」の日本語吹き替え版で、宮川大輔とオリエンタルラジオ藤森がゲスト声優を務めることがわかった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

この作品は2015年に公開された「ミュータント・タートルズ」の続編。武闘派のカメ4人組、レオナルド、ラファエロ、ドナテロ、ミケランジェロがニューヨークの街を飛び出し、悪の犯罪組織を相手に暴れまわる姿が描かれる。宮川と藤森は、イノシシとサイのミュータントで、タートルズたちの前に立ちはだかる強敵コンビ「ビーバップ&ロックステディ」を演じることに。ロックステディ役を担当する宮川は今作が声優初挑戦となる。

配給元の東和ピクチャーズは、ビーバップ&ロックステディの役どころを「敵でありながらもどこか憎めない、パワフルさとマヌケさを持ったキャラクター」と説明。また宮川らの起用理由を「宮川大輔さんのお祭り感のある元気なイメージと、藤森慎吾さんのリズミカルでハイテンションな芸風は、ノリノリのタートルズたちに対抗するには相応しい、日本最強の組み合わせであると考えました」と明かしている。

宮川大輔 コメント
──今回、声優のオファーをもらっての感想は?とてもうれしいです。フィギアを持ってるくらいなのでうれしかった。──タートルズの過去作品の感想は?キャラクターが大好きです。──藤森さんと共演することについての感想は?(藤森が)リズムネタをやっているから、いいテンポでできたらと思います。期待しています。──意気込みをお願いします。関西弁でできるので、藤森とええコンビでできたらいいと思う。

オリエンタルラジオ藤森 コメント
──今回、声優のオファーをもらっての感想は?好きな作品なので光栄です。小学生のときからミケランジェロファンでした!──自身が演じる役柄についての印象は?悪者だけど、なんかいい奴そうという印象。──宮川さんと共演することについての感想は?お笑いはもちろんですが、お芝居などでも尊敬するすごい先輩なので、胸を借りたい。でも、僕のほうが印象に残れっ!とは思ってます。──意気込みをお願いします。やりがいのあるキャラクターです。観てもらえる方に楽しんでいただけるような役に仕上げたい。

(c)2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

最終更新:6月30日(木)12時0分

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。