ここから本文です

<本の王子様>「げんしけん 二代目の十一」が首位

まんたんウェブ 6月30日(木)18時30分配信

 マンガ、ライトノベルの通販専門店「まんが王」のバイイングマネジャー・日吉雄さんが、売れ筋商品を毎週報告する「本の王子様」。前週(20~25日)に発売された新刊の予約注文数の集計では、木尾士目(きお・しもく)さんの「げんしけん 二代目の十一」20巻がトップでした。

【写真特集】山本美月が2位にランクインした「ベルセルク」のコスプレ披露!

 ◇前週の動向

 首位の「げんしけん 二代目の十一」20巻は安定の人気です。「まんが王」でもフェアなど特別な施策をしていないにもかかわらず売れるのはさすがの一言。各キャラクターの魅力が人気の要因のひとつですね。2位には約3年3カ月ぶりの新刊となった「ベルセルク」38巻がランクイン。久しぶりなので発売されていることに気づいていない人も実は多いのかも? 今週は各出版社の作品がバランスよく入りました。

 

 ◇今週の注目作

 今週は、「木根さんの1人でキネマ」2巻に注目です。映画愛をこじらせた独身女性を描いた作品で、登場する映画はメジャーなタイトルが多いですが、マニアックなネタもちりばめています。部屋に居候することになった性格の違う同僚との掛け合いが面白いですね。ほかにも、ざらさんの「ふたりでひとりぐらし、」1巻が発売されているほか、高橋しんさんの箱根を舞台にした駅伝マンガ「かなたかける」2巻が発売されます。

 

 ◇プロフィル

 ひよし・ゆう=マンガやライトノベルの豊富な品ぞろえで知られる通販専門店「まんが王」のバイイングマネジャー。売れ筋を読み取り、お客のニーズを満たし続けるマンガ売りのプロ。

最終更新:6月30日(木)18時32分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。