ここから本文です

楽天オコエ“快足”右前二塁打「狙ってました」九回ダメ押しの起点に

デイリースポーツ 6月30日(木)6時59分配信

 「オリックス3-5楽天」(29日、沖縄セルラースタジアム)

 無安打のまま、島を去るわけにはいかない。楽天のドラフト1位・オコエ瑠偉外野手(関東第一)は、九回に魅せた。佐藤達の149キロの直球に食らいつき、右前にはじき返すと、真骨頂を発揮した。大きなストライドを駆使して、二塁へ到達。“右前二塁打”でダメ押しの1点への強烈な口火を切った。

 単打が二塁打になった。「狙っていました。行けると思っていました」。驚異の脚力も、当然のごとく涼しい表情で振り返ったオコエ。続く岡島の右前打で、悠々と本塁へ生還した。貴重な追加点に、守護神・松井裕からも「ありがとう」と敬礼。梨田監督も「それまでだらしない打撃だったけどね。それにしても走り出すと、すごいスピード。勝ちにつなげたね」とたたえた。

 南国での連戦。オコエは朝6時30分に起床すると、宿舎周辺を一人で散歩し、梅雨明けした夏本番の太陽を全身に浴びた。そんなルーキーが、前夜の打点に続き、バットと足で島人を魅了した。

最終更新:6月30日(木)7時20分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]