ここから本文です

イーサン・ホーク監督作、教育に人生を捧げたピアノ教師のドキュメンタリー予告編

映画ナタリー 6月30日(木)12時1分配信

イーサン・ホークが監督を務めた「シーモアさんと、大人のための人生入門」の日本版予告編が、YouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、2014年の映画製作時87歳だったピアノ教師、シーモア・バーンスタインの生き方に迫るドキュメンタリー。バーンスタインに悩みを打ち明け救われたという監督のホークは「彼のシンプルな生き方から学べることは、あまりにも多い」と話す。

このたび公開された予告編では、50歳でコンサートピアニストとしての活動に幕を引き、以後“教える”ことに人生を捧げてきたバーンスタインの温かい言葉がつづられていく。また、朝鮮戦争時代のつらい記憶を思い返して涙を流す様子も切り取られており、決して平坦ではなかったバーンスタインの人生の一端がうかがえる。さらにホークの依頼により35年ぶりに開かれた演奏会の客席には、マーク・ラファロの姿が。

「シーモアさんと、大人のための人生入門」は9月下旬より東京・シネスイッチ銀座、UPLINKほか全国で順次ロードショー。



(c)2015 Risk Love LLC

最終更新:6月30日(木)12時1分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。