ここから本文です

24時間365日「太陽光発電所を見たい」に応える仮想ツアー

スマートジャパン 6月30日(木)6時25分配信

 再生可能エネルギーを推進するエネルギーベンチャーのLooopは、2011年4月の創業以来、自然エネルギーの利用拡大を目指し、太陽光発電設備を自作できる「MY発電所キット」シリーズなどを展開。太陽光発電設備を中心に自然エネルギーの拡大に取り組んできた。2016年5月末時点全国1600カ所まで販売実績を拡大し、さらに都道府県では最後に残った福井県への設置を完了したことで、全国47都道府県での発電所設置を実現した。

【解説を読みながら見学可能】

 Looopでは、この47都道府県の発電所設置の記念として、新たなコンテンツの作成などを検討。顧客から「太陽光発電所を見学したい」という声が多かったため、Web上での太陽光発電所見学コンテンツを用意することを決めた(図1)。

 制作した「Looopバーチャル太陽光発電所見学ツアー」は、Web上でいつでも、どこからでも太陽光発電所を見学することができるというものだ。360度全周で撮影されたさまざまな発電所を、各所に用意された解説を読みながら、自由に見て回ることができる。「平らな土地に建てられた一般的な産業用太陽光発電所」「斜面に設置された発電所」「メガソーラー発電所」「農地に設置された発電所」の4つのパターンの見学が可能だ。

 Looopでは、「太陽光発電」をテーマにしたインターネットリサーチを2016年6月6日~7日に実施。同結果によると、設置前に「設置前にモデルハウスや発電所などで実物を実際に見ていない」と回答した41.3%人のうち、36.7%が「近くにモデルハウスや発電所がなかったから」「近隣で設置してある場所がなかったから」という理由により見学を断念していた。こうした反応から、今回のWeb上での仮想見学ツアーコンテンツを制作することを決めたとしている。

最終更新:6月30日(木)6時25分

スマートジャパン