ここから本文です

黒田200勝王手「もう二度とない」3点二塁打も!広島11連勝で貯金最多16

デイリースポーツ 6月30日(木)6時59分配信

 「広島8-1ヤクルト」(29日、マツダスタジアム)

 王手星で11連勝だ!広島・黒田博樹投手(41)が投打に活躍し、6勝目を手にした。投げては7回3安打1失点。打っても今季初安打となる3点適時二塁打を放った。この勝利で日米通算199勝。ついに200勝にあと「1」と迫った。チームは1984年に球団記録の12連勝をマークして以来、32年ぶりの11連勝。貯金は今季最多を更新する「16」となった。

 ベンチが総立ちになった。夜空に舞い上がった白球が、背走する左翼・バレンティンのグラブの先へ落ちた。黒田が「もう二度とない」と表情を崩した一打。日米通算199勝目、チームの32年ぶり11連勝は自らのバットで手繰り寄せた。

 「初球からいかないとチャンスはないと思っていた。0(無安打)が並んでいたので気になっていた。良いところで打てて良かった」

 4-1の六回。石原が敬遠された2死満塁で打席に立った。右腕とお立ち台に上がった菊池が「一番、盛り上がった」と振り返った場面。今季13試合目、27打席目で飛び出した初安打は貴重な3点適時二塁打となり、リードを6点に広げた。

 投球では序盤から全力投球で凡打の山を築いた。二回、山田に先制の中越えソロを浴びたが動じない。気持ちを一度、リセット。好調な味方打線の反撃を信じて右腕を振った。7回を3安打1失点。「休み肩。間が空いたので飛ばしていけた。気持ちも整えられた」。前回登板後に出場選手登録を抹消され、中11日。満を持して上がったマウンドで、まぶしいくらいの光を放った。

 復帰2年目。後輩からいじられることもしばしばだ。先日は自身のロッカーに奇妙な1枚の写真が置かれていた。“某球団広報”の化粧姿が映ったものだったが、そのまま新井の私服のポケットに入れた。「犯人の予測はある程度、ついている。連勝中なので、きっちりとバトンをつないだ」とニヤリ。チームのムードは明るい。成長に確かな手応えも感じる。ベテランと若手の融合が、これまでの強さを支えている。

 日米通算200勝に王手をかけた。次回は中6日で7月6日・中日戦(金沢)に登板予定だ。大記録がいよいよ目前に迫ったが「通過点にしないといけない。201、202勝と勝っていかないと、チームは上に上がっていけない」と言い切った。チームは首位独走で今季最多の貯金16。さらに前へ、前へと進んでいる。大記録よりも手にしたいものがある。実りの秋を迎えるために、歩みを止めない。

最終更新:6月30日(木)7時27分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]