ここから本文です

Bank Band、東京メトロCMに「高らかで切ない」新曲提供

音楽ナタリー 6月30日(木)14時0分配信

東京メトロのキャンペーン「Find my Tokyo.」の新CM「麻布十番 手づくりに惚れる」が、7月1日(金)より放送される。このCMソングとしてBank Bandが新曲「こだま、ことだま。」を提供した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「Find my Tokyo.」は石原さとみがイメージキャラクターを務めるキャンペーン。今回のCMでは石原が麻布十番を訪れ、街の魅力を楽しみながらたい焼きやかき氷などのグルメに舌鼓を打つ。CMにはBank Bandの小林武史も登場し、石原と意外な場所で顔を合わせる。

CMソングとなった新曲「こだま、ことだま。」について、小林は「多くの人の東京での暮らしを言い表した言葉でもあると思うけど、『前向きだけど切ない』というのは、ひとつの邦楽のロック・ポップスの表現の仕方だと思っています。そして、『こだま、ことだま。』はその両極を更に押し広げたような楽曲だと思っています」とコメントしている。CM映像はテレビ放送に先駆け、本日6月30日より公式サイトにて公開中。

小林武史 コメント
多くの人の東京での暮らしを言い表した言葉でもあると思うけど、「前向きだけど切ない」というのは、ひとつの邦楽のロック・ポップスの表現の仕方だと思っています。そして、「こだま、ことだま。」はその両極を更に押し広げたような楽曲だと思っています。60年代のロックの多様性の取り入れ方と、時代に対してフォーキーな個人としての構え方、多分その両方に影響を受けて出来ているかな。でも、その両方が何故か響き合う気がする。結果として高らかで、茫洋としていて、でも切ないが、多様な命が溢れる未来に向かってやっぱり前向きな気持ちになれる、そんな曲になれてたらいいんですが。

最終更新:6月30日(木)14時0分

音楽ナタリー