ここから本文です

『キューブライフ:アイランドサバイバル』追加要素を収録した更新データ“Version 1.2”が7月6日に配信

ファミ通.com 6月30日(木)15時6分配信

●マップシェア機能など、多数の要素が追加
 テヨンジャパンがスロバキアのCypronia社と協力し、ニンテンドーeショップにて配信中のWii Uダウンロード専用ソフト『キューブライフ:アイランドサバイバル』の更新データVersion 1.2が、2016年7月6日(水)より配信される。

 以下、リリースより。

----------

【Version 1.2内容】
■マップシェア機能の追加
クリエイティブモードで作成したデータをアップロード/ダウンロードできる機能を追加しました。データをアップロードするとダウンロードIDが発行されます。作成した2人用対戦マップなどのダウンロードIDをMiiverseコミュニティに投稿して他のユーザーに楽しんでもらいましょう!

■材料・素材の追加
新しい道具や食べ物などを作成できるようになりました。

■ワールドマップの拡張
ワールドマップのサイズを2880×2880から3520×3520に拡張し、新しい島を追加しました。

■新しい生き物の追加
6種類の生き物を追加しました。

■新しいペットの追加
にわとり、大・小イノシシそして、カニをペットとして飼えるようになりました。ペットは異なった食べ物を与えて3つのタイプ(追尾型、収集型、攻撃型)で飼うことができます。

■敵キャラクター「食人族」の行動を変更
「食人族」はプレイヤーを発見しない限り襲ってきません(旧バージョンではプレイヤーの居場所を自動で探知して襲ってきます)。この変更によりプレイヤーはステルス行動が可能になり、敵の背後に忍び寄りクリティカルヒットを与えることができます。

■ボスキャラクターの追加
新たに追加されたエリアに強力なボスキャラクターが登場します。

■その他
より快適に遊べるように幾つかの修正・調節を行ないました。

【価格改定】(1000円[税込]→更新データ配信日より1200円[税込])
更新データの配信に合わせて、製品版の価格改定を実施致します。更新データは製品版を購入した後に無料で取得できます。

【本ゲームについて】
『キューブライフ:アイランドサバイバル』は、「サバイバルモード」、「クリエイティブモード」そして「ローカルマルチプレイ」の3つのモードで探検、ものづくり、対戦、タワーディフェンスなど、プレイヤーの思い通りに遊ぶことができる自由度の高いサバイバルアクションゲームです。

最終更新:6月30日(木)15時6分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。