ここから本文です

ランパンプス、やさしいズら缶バッジガチャに、神保町花月9周年記念公演で販売

お笑いナタリー 6月30日(木)16時9分配信

7月5日(火)から9日(土)まで、東京・神保町花月にて同劇場の9周年記念公演「エンドラインは裏切らない」が上演される。公演期間中、会場にてオリジナル缶バッジのガチャガチャが設置される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

用意されているのは卓球を題材にした同公演のキャスト、ランパンプス、やさしいズ、おばたのお兄さん、サンシャイン、スクールゾーン、てのりタイガー村、西村ヒロチョ、光永がそれぞれユニフォームに身を包んでいる「『エンドラインは裏切らない』バージョン」と、上記8組がこの1年で出演した公演をセレクトし、ユニットごとにバッジに収めた「名公演バージョン」の2つのガチャガチャ。それぞれ8種ずつ、合計24種の缶バッジが制作された。

また会場ではポスターを販売。前売り券を購入した人にはポストカードをプレゼントする。

9周年記念公演「エンドラインは裏切らない」
日程:2016年7月5日(火)~9日(土)会場:東京・神保町花月<出演者>ランパンプス / スクールゾーン / サンシャイン / やさしいズ / 西村ヒロチョ / 光永 / てのりタイガー村 / おばたのお兄さん / ギャンブルグルーヴ / バーレスク / 佐久間一行(ダブルキャスト) / POISON GIRL BAND吉田(ダブルキャスト) / サカイスト(ダブルキャスト)

最終更新:6月30日(木)16時9分

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。