ここから本文です

奥の松、あす300周年祈願祭 二本松

福島民報 6月30日(木)9時55分配信

 福島県二本松市の奥の松酒造の創業300周年祈願祭は29日、市内の二本松神社で行われた。社員20数人が参列し、7月1日で創業300周年となる同社の一層の発展を祈った。 
 拝殿の神事で遊佐丈治社長が創業300周年記念酒を奉納し、遊佐静子会長らと共に玉串をささげた。亨保元(1716)年の創業から19代目となる遊佐社長は「歴史の重みに恥じぬよう今後もいい酒造りに努めていく」と意欲を語った。 
 奥の松酒造は創業300周年記念酒を7月1日に発売する。酒米を精米歩合30%まで磨き、伝統の技と最新技術を融合させて醸造したこだわりの純米大吟醸酒。1.8リットル入りが限定300本で3万円(税別・送料込み)、720ミリリットル入りが限定700本で1万5千円(税別・送料込み)。同社や酒販店で取り扱う。 
 創業300周年を記念し、300周年記念酒など銘酒が合計300本当たるキャンペーンを繰り広げている。奥の松の商品に付属している応募券を貼るか、応募用はがきで応募する。 
 問い合わせは奥の松酒造 電話0243(22)2153へ。 

福島民報社

最終更新:6月30日(木)16時25分

福島民報