ここから本文です

どちらが買い?――「arrows M03」「AQUOS mini SH-M03」の価格とスペックを比較する

ITmedia Mobile 6月30日(木)13時7分配信

 富士通(富士通コネクテッドテクノロジーズ)の「arrows M03」とシャープの「AQUOS mini SH-M03」が、7月下旬に発売される。いずれもSIMロックフリースマホであり、各MVNOや量販店などが販売する。

【2機種のサイズを比較】

 arrows M03は、M02でおなじみの防水とおサイフケータイを継承するほか、メタルフレームの採用で高級感が増し、ボディーもさらに薄くなった。カメラの性能やバッテリー容量もアップした。

 AQUOS mini SH-M03は3GBメモリ、Snapdragon 808、4.7型フルHD液晶(IGZO)を搭載するなど、arrows M02よりも高いスペックが特徴だ。こちらも防水、おサイフケータイ、ワンセグに対応している。

 arrows M03とAQUOS mini SH-M03いずれも、海外メーカーのSIMロックフリー端末では少ないおサイフケータイや防水に対応しているのが魅力だが、2モデルではどちらが買いだろうか。価格とスペックを比較してみた。価格はいずれも税別。

●arrows M03

 ニフティの「NifMo」では、一括価格が3万2922円で、24回の分割払いも可能。

 楽天の「楽天モバイル」では、一括価格が3万2800円だが、7月29日までの発売記念キャンペーン(台数限定)により2万9800円で提供する。24回の分割払いも可能。

 ビッグローブの「BIGLOBE SIM」では一括での販売は行っておらず、24回の分割金を毎月の利用料金と合わせて支払う。arrows M03は月額1490円×24回となる(合計3万5760円)。さらに、新規でBIGLOBE SIMを契約してarrows M03を購入すると、3000円相当の値引きが適用される。

 このほか、IIJmio、mineo、スマモバ、DMM mobile、UQ mobileでもarrows M03を販売する予定だが、価格は未定。

●AQUOS mini SH-M03

 楽天モバイルでの一括価格は4万9800円だが、7月20日までの発売記念キャンペーン(台数限定)により4万4800円で提供する。

 ビッグローブの「BIGLOBE SIM」では一括での販売は行っておらず、24回の分割金を毎月の利用料金と合わせて支払う。AQUOS mini SH-M03は月額2080円×24回となる(合計4万9920円)。さらに、新規でBIGLOBE SIMを契約してAQUOS mini SH-M03を購入すると、3000円相当の値引きが適用される。

 NTTレゾナントの「gooSimseller」では、「OCN モバイル ONE」のSIMカードとセットで4万9800円で販売する。SIMカードのパッケージ代(3000円)を抜けば端末代は4万6800円だ。

 現時点では「楽天モバイル」の発売記念キャンペーン価格が2モデルとも最も安い。

●スペック比較

 価格はAQUOS mini SH-M03の方が約1万5000円高いが、その分、プロセッサ、メモリ、ディスプレイ解像度、バッテリー容量などのスペックはAQUOS mini SH-M03の方が高い。これらの差に1万5000円分の価値を感じるかどうかだろう。

 ただし対応バンドはarrows M03の方が広く、AQUOS mini SH-M03では対応していないLTEのBand 8(ソフトバンクの900MHz)と26(auの800MHz)、3GのBand 8(ソフトバンクの900MHz)をサポートしている。ドコモ系MVNOのSIMを使う分には差はないが、au系MVNOやY!mobileのSIMを使うのなら、arrows M03を選ぶ方が無難だ。

最終更新:6月30日(木)19時23分

ITmedia Mobile

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]