ここから本文です

陸上・山県 日本人初の9秒台orリオ五輪ファイナリストなら5000万円級の腕時計

デイリースポーツ 6月30日(木)13時8分配信

 陸上男子100メートルのリオデジャネイロ五輪代表の山県亮太(24)=セイコーホールディングス=が30日、都内で行われたセイコーの代表決定記者発表会に出席した。

 同社の服部真二CEOは、山県が日本人初の9秒台達成か、リオ五輪の男子100メートルファイナリストになった場合、同社の技術を結集した腕時計を特別ボーナスとして贈呈することを発表。現在、同社で最も高い時計は、葛飾北斎の「富嶽三十六景」をモチーフにしたトゥールビヨン彫金限定モデル「FUGAKU」の約5000万円だが、服部CEOは「それ以上のものになる」と話した。

 日本選手権では惜しくも優勝したケンブリッジ飛鳥に0秒01及ばず2位だったが、十分に日本人初の9秒台の可能性を秘める24歳は「そんな素晴らしいものをいただける可能性がある。さらに頑張って、9秒台とファイナリストを達成したい」と、腕ぶした。

 陸上短距離ではケンブリッジ飛鳥の所属するドームが、日本人初の9秒台を達成した場合、1億円のボーナスを明言している。

最終更新:6月30日(木)13時17分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]