ここから本文です

県バスツアーで農産物生産親子学ぶ 須賀川

福島民報 6月30日(木)9時56分配信

 県産農産物の安全性や魅力を学ぶ子育て世代向けバスツアーが29日、福島県須賀川市内で始まり、キュウリ畑や農産物直売所などを訪れた。 
 県の主催。親子に農産物の生産現場や放射線検査所を見てもらい、県産農産物の消費拡大につなげる試み。 
 初回は郡山地区に住む親子27人が参加した。須賀川市内のキュウリ畑で収穫体験した後、キュウリの大型選果場「きゅうりん館」で機械によるキュウリの仕分けを見学した。 
 市内の農産物直売所「はたけんぼ」では、放射線の検査体制の説明を受けたほか、新鮮な野菜を買い求めた。昼食は地産地消にこだわったランチを味わった。今後、福島、いわき、会津の各地区でも実施する。 

福島民報社

最終更新:6月30日(木)16時29分

福島民報