ここから本文です

韓国取引所 サムスンに李健熙氏の死亡説を照会

聯合ニュース 6月30日(木)15時57分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国取引所は30日、サムスン電子に対し同社会長でサムスングループの総帥、李健熙(イ・ゴンヒ)氏の死亡説に関する照会を行い、7月1日午後0時までに回答を公示するよう求めた。

 30日午前、証券市場などでは李氏が死亡し、同グループが午後3時に死亡を発表する予定という内容のうわさが広がった。

 同グループ関係者は李氏の死亡説について、「全く事実ではない」と話している。

 李氏は2014年5月に急性心筋梗塞で倒れ、今もサムスンソウル病院に入院している。車いすを使ったリハビリを行っているという。

最終更新:6月30日(木)16時9分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。