ここから本文です

従業員の悲痛な貼り紙で話題となったインドカレー店の運営会社が破産 賃金未払いで争っていた

ねとらぼ 6月30日(木)13時56分配信

 「賃金も2年払われていません。皆さん助けて下さい」と店舗に貼り紙を掲示し、物議をかもした東京都豊島区のインドカレー店「シャンティ」。その経営を行う日本機器製造が、東京地裁から破産開始決定を受けました。明らかになっている負債総額は約6500万円。

【Twitterでは関係者と見られる人物が今も経過報告中】

 シャンティでは児玉政之社長のもと、インド人ら10数人が働いており、2015年3月ごろから賃金の減額、未払いなどが発生。従業員は不当に支払われなかった全員分の給与約6200万円を社長に求めていました。社長は6月17日までに店舗を退去することを要求する通告書を出していたものの、ビザや金銭的な事情から転職できず、母国にも帰れない従業員らは、引き続き営業を行っていました。

 同店関係者が情報発信していると見られるTwitterアカウント「シャンティ スタッフ一同」によれば、社長が破産手続きを行ったのは6月24日。これにより、未払い賃金立替制度により直近半年分の給与が支払われる見込みがあり、それ以前の分に関しても検討しているとのこと。

 現在は従業員による労働組合を結成しており、組合のもと営業を続けることなどが決まっていましたが、社長の申し立てにより保健所の営業許可が取り消され、現在は営業を休止。新しいオーナーを見つけ営業再開する方針だそうです。

 ねとらぼ編集部はシャンティ関係者にあらためて取材を行う予定です。

最終更新:6月30日(木)13時56分

ねとらぼ