ここから本文です

大熊、双葉両町に謝罪 炉心溶融隠しで東電復興本社

福島民報 6月30日(木)9時56分配信

 東京電力は29日、福島第一原発が立地する福島県大熊、双葉両町に原発事故後の炉心溶融隠蔽(いんぺい)問題を説明し、謝罪した。 
 石崎芳行福島復興本社代表が会津若松市の大熊町会津若松出張所で開かれた町議会全員協議会に臨み、「痛恨の極みで大変申し訳ない」と謝罪した。石崎氏は閉会後、報道陣に「2度とこのようなことがないように叱咤激励を受けた。廃炉を最優先で進めるとともに企業体質を変えるため人材教育やマニュアル整備など地道な活動を続ける」と述べた。 
 渡辺利綱町長は「隠蔽はあってはいけない。信頼されるように襟を正してほしいと伝えた」と語った。議員からは「包み隠さず伝えるべき」「全社員の隠蔽防止対策徹底を」などの声が出たという。 
 いわき市東田町にある双葉町いわき事務所には新妻常正副代表が訪れ、伊沢史朗町長らに説明、謝罪した。 
 新妻氏が謝罪の言葉や第三者検証委の報告を受けた再発防止策を伝えたのに対し、伊沢町長は「強く反省を求める。社員教育などを徹底し、社内の風通しを良くするよう努めてほしい」と注文した。 
 東電側は7月5日の町議会全員協議会に出席し、議員に対して説明する。 

福島民報社

最終更新:6月30日(木)16時39分

福島民報