ここから本文です

会津大アジア予選へ 国際大学プログラミング

福島民報 6月30日(木)9時59分配信

 チームでプログラミングと問題解決能力を競うACM(国際計算機学会)国際大学対抗プログラミングコンテストのアジア地区予選出場チームに福島県の会津大の「575.cpp」が選ばれた。 
 「575.cpp」は3年の山下琢巳さん、4年の山口忠正さん、大学院1年の渡辺和也さんの3人で編成。渡部有隆上級准教授がコーチを務める。インターネット上で24日に行われた国内予選で384チーム中、14位に入り、選抜された。 
 アジア予選は10月に茨城県つくば市で行われる。上位チームが世界大会に出場する。会津大のチームがアジア予選に進出するのは19年連続。 

福島民報社

最終更新:6月30日(木)16時54分

福島民報