ここから本文です

[芸能]映画「仁川上陸作戦」 8月12日に北米で公開

聯合ニュース 6月30日(木)17時42分配信

【ロサンゼルス聯合ニュース】「私の頭の中の消しゴム」などで知られる韓国のイ・ジェハン監督の新作映画「仁川上陸作戦」が8月12日に北米地域で公開される。同映画の北米での配給を行うCJエンターテインメントアメリカが29日(現地時間)、発表した。

 「仁川上陸作戦」について同社の最高執行責任者(COO)は、「米国の伝説的英雄マッカーサー将軍を再評価する作品で、すでにハリウッドでも大きな関心を集めている」と伝えた。

 具体的な上映館は未定だが、北米で大ヒットし53館で上映された韓国映画「バトル・オーシャン/海上決戦」や、46館で上映された同「国際市場で逢いましょう」より多い60館以上の劇場で公開されるという。

 「仁川上陸作戦」は朝鮮戦争の知られざる英雄の話を描いている。映画「96時間」シリーズで有名な俳優リーアム・ニーソンがダグラス・マッカーサー役を演じることでも話題になった。

 マッカーサーの仁川上陸を助けるために諜報作戦を遂行する海軍諜報部隊の大尉、チャン・ハクスをイ・ジョンジェが、仁川を掌握した北朝鮮の司令官リム・ゲジンをイ・ボムスが演じる。

最終更新:6月30日(木)18時9分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。