ここから本文です

ユーチューブクリエーター向け施設 ソウルにオープン

聯合ニュース 6月30日(木)17時55分配信

【ソウル聯合ニュース】動画投稿サイト「ユーチューブ」は30日、ユーチューブクリエーターのための施設「YouTube Pop-up Space Seoul」をソウル・上岩洞のエスプレックスセンターにオープンした。来月2日までの期間限定で運営される。

 スタジオやラウンジ、編集設備、ワークショップなどを無料で提供する「YouTube Space」は現在、ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドン、東京、サンパウロ、ベルリン、ムンバイ、トロント、パリの9都市に開設されている。

 米グーグルのデービッド・マクドナルドYouTube Spaceアジア太平洋統括部長は「韓国の次世代デジタルクリエーターが学び、交流しながらより新しいコンテンツを作り出すことを期待する」と述べた。

 韓国のユーチューブクリエーターは毎年成果を上げている。100万人以上がチャンネル登録している韓国のユーチューブチャンネルは30余り。登録者10万人以上のチャンネルは430を超える。海外からの視聴も増えている。

 マクドナルド氏は、韓国はモバイルコンテンツの視聴率が高いとした上で、「ここ8年間で、アジアでユーチューブ最大の市場の一つに成長した。毎年急成長を遂げている」と述べた。

 10月にはソウルで2番目の「YouTube Pop-up Space」がオープンする予定だ。

最終更新:6月30日(木)18時10分

聯合ニュース