ここから本文です

韓国大統領府の元高官 在外同胞財団の次期理事長に内定

聯合ニュース 6月30日(木)18時25分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国の外交部傘下、在外同胞財団の次期理事長に韓国青瓦台(大統領府)の前外交安保首席秘書官、朱鉄基(チュ・チョルギ)氏が内定した。30日、政府消息筋が明らかにした。

 同財団の理事長は外交部長官が推薦し、大統領が任命する。任期は3年。

 朱氏は30年以上、外交官を務め、2006年12月に外交部を退官。13年に朴槿恵(パク・クネ)政権の初代外交安保首席秘書官に任命され15年10月に辞職した。

最終更新:6月30日(木)20時24分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。