ここから本文です

東京ジョイポリスが西川貴教アニキ一色に 衣装展や「HOT LIMIT」が聞けるコラボアトラクションも

ねとらぼ 6月30日(木)18時39分配信

 開館20周年を迎えるお台場のテーマパーク「東京ジョイポリス」で、デビュー20周年のT.M.Revolutionとコラボしたイベント「T.M.R. PARK REVOLUTION in JOYPOLIS 2020」が開催されます。

【T.M.R.コラボメニュー】

 イベントでは、撮り下ろしのT.M.RevolutionのデジタルSFライブを上映。最新の映像技術が使用された、「HOT LIMIT」「WHITE BREATH」「HIGH PRESSURE」3曲のライブ映像を見ることができます。軽い冒険物語にもなっているようで、公式サイトでは人体融合型パーソナルジェットに乗る西川アニキが「謎の敵機から襲来を受ける」といったプロローグが見られます。

 館内の展示スペースでは「衣装展」も開催。7月12日~8月8日、8月9日~9月5日、9月6日~9月30日と3つの期間に分け、衣装を各6着ずつ展示。また、上記ライブ映像のメイキングやT.M.Revolutionのデビューから20年の歴史年表も展示されるということです。

 アトラクションとのコラボでは、世界初の音ゲーコースター「撃音 ライブ コースター」でT.M.Revolutionの楽曲を使用。「HOT LIMIT」「WHITE BREATH」「HIGH PRESSURE」「Preserved Roses」の計4曲でゲームをプレイできます。これは爽快そう! また、ジョイポリス人気No.1アトラクション「ハーフパイプ トーキョー」では、歴代のシングル30曲以上が聴けて、さらに「回転技を決めるとT.M.Revolutionが褒めてくれます」とのこと……これは気になる。

 そのほか、謎を解きながら館内を巡り、紋章を発見するアトラクション「ジョイポリ探検隊」ではオリジナルフレームでの記念撮影ができ、運命を占う「フォーチュンフォレスト」では、占いの結果がコラボ限定のデザインで印刷されます。

 コラボカフェ「T.M.R. cafe」では、「HIGH PRESSURE カゲキで最高エビチリ」(1150円)、「BLACK OR WHITE? カレー」(1400円)、「独裁 -イチゴを独り占め-」(950円)「vestige -ヴェスティージ- クレームダンジュ」(800円)と楽曲をイメージしたフードに、「HOT LIMIT ジンジャーソーダ」(750円)、「WHITE BREATH ドリンク」(700円)のドリンクと、全6種類のコラボメニューを販売。各メニュー注文時にはクリアコースターが付いてきます。

 カフェ以外でも、4種の「T.M.R. PARK REVOLUTIONソーダ」(各500円)が販売され、こちらにはステッカーが付いてきます。

 限定のオリジナルコラボグッズもジョイポリス「JP STORE」にて販売されます。メインビジュアルを使った「Tシャツ」(3000円)に、アニキのマスコットキャラクター「タボくん」もいる「ラバーストラップ」(全12種 各800円)や「缶バッジ」(全20種 各300円)ほか、「ラバーブレスレット」(全3色 各350円)「マフラータオル」(1800円)など種類が多く、「ラングドシャクッキー」(880円)などのお菓子もそろっているということです。1会計につき5000円以上でアニキの格好いい「撮り下ろしオリジナルポスター」(全4種)も……!

 このホットな内容のイベントは、7月12日から9月30日まで開催されます。ジョイポリスへの入場料(入場のみ)は、大人(18歳以上)800円、小・中・高生が500円。アトラクションではそれぞれで料金が違い(パスポート利用可能なものもあり)、衣装展も600円など設定されています。詳しいイベントの時間などは公式サイトで確認できます。

 イベント期間中に販売される限定チケット「T.M.R. PARK REVOLUTION」は、パスポート(入場+アトラクション乗り放題)+衣装展入場+ノベルティパスケースの「メインビジュアル ver.」(大人5300円、小中高生4300円)と、入場+アトラクション1回券+衣装展入場+ノベルティパスケースの「タボくん ver.」(大人2800円、小中高生2500円)の2種類が販売されるので、コラボを楽しみたい人はチェックしておくといいでしょう。

価格は税込

最終更新:6月30日(木)18時39分

ねとらぼ