ここから本文です

モリサワとさくらインターネットが協業、Webフォント30書体をレンタルサーバ利用者に無料で提供

ITmedia マーケティング 6月30日(木)19時7分配信

 2016年6月29日、デジタルフォントや組版用ソフトウェアの開発を行うモリサワと、自社運営のデータセンターでインターネットインフラサービスを提供するさくらインターネットは協業し、「さくらのレンタルサーバ」利用者に向けて、モリサワのWebフォントの提供を開始したと発表した。

【その他の画像】

 これにより、さくらのレンタルサーバで「WordPress」を利用する際、モリサワのWebフォントサービス「TypeSquare」で提供中の書体の中から30書体を追加料金なしに利用が可能になる。配信数は月間2万5000PVまで配信できるため、中小規模のWebサイトであれば問題なく実用可能だ。

 さくらのレンタルサーバでは、WordPressなどのアプリケーションを最短2分でインストールできる「クイックインストール」機能を提供。本機能でWordPressをインストールした場合、デフォルトでモリサワのWebフォントが利用可能なプラグインが同梱されているため、最小限の手続きですぐに使えるようになるという。Web制作会社はもちろん、個人でも手軽にWebフォントを導入して、SEOやデザインに配慮したWebサイトの制作に活用できる。

 両社では今後、WordPress上に限らず静的HTMLでも利用できるよう対応範囲を拡大し、PV数の多い大規模なWebサイトでも利用可能なプランも拡充していくことを目指すという。

最終更新:6月30日(木)19時7分

ITmedia マーケティング