ここから本文です

ヤクルト攻撃で本塁突入判定変わらず 広島丸が好返球

デイリースポーツ 6月30日(木)19時33分配信

 「広島-ヤクルト」(30日、マツダスタジアム)

 四回、ヤクルトの攻撃で本塁突入を巡る判定について審判の協議が行われた。

 2死満塁で大引が中前へ安打を放った後のシーン。三走が生還した後、二走の中村も本塁へ向かったが、広島・丸が中堅からの好返球でタッチアウトと判定された。これにヤクルト・真中監督がベンチを飛び出した。その後、審判団により協議が行われた。

 今季は新たに導入されたコリジョン(衝突)ルールや、ビデオ判定でアウト・セーフの判定が覆る場面が多いが、今回は本塁前での正当なタッチが認められ、判定は変わらなかった。

最終更新:6月30日(木)19時57分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報