ここから本文です

11連勝中の広島、じわじわ2点差 五回、田中が適時打

デイリースポーツ 6月30日(木)20時22分配信

 「広島-ヤクルト」(30日、マツダスタジアム)

 広島が五回、田中広輔内野手(26)の右前適時打で2点差に迫った。

 2死から代打の会沢が中堅右の二塁打で出塁。続く田中が1ボール2ストライクから5球目、外寄り135キロのチェンジアップを狙い打つと、鋭い打球は一、二塁間を破った。会沢が二塁から悠々生還。「打ったのはチェンジアップかな。追い込まれていたので、コンパクトにいきました!!」と振り返った。

 チームは1984年以来、32年ぶりの11連勝中。序盤に4点のビハインドを背負ったが四回、丸の右翼フェンス直撃二塁打から、鈴木の中犠飛で6試合ぶりに打点を挙げた。「打ったのはチェンジアップ。最低限の仕事ができました。ランナーをかえせてよかったです」。続く五回の得点で2点差に迫るなど、12球団トップの26度を誇る“逆転の広島”が、中盤にじわりと差を詰めてきた。

最終更新:6月30日(木)20時27分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]