ここから本文です

KANAKOが歌う「え?あぁ、そう。」MVに蝶々P、恩田快人出演

音楽ナタリー 6月30日(木)22時1分配信

ボーカリスト・KANAKOが7月20日にミニアルバム「heart breathe」をリリース。今作の収録曲「え?あぁ、そう。」のミュージックビデオがYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「え?あぁ、そう。」は、蝶々Pが2010年3月に発表したVOCALOID曲。KANAKOによるカバー音源では、蝶々P自身がアレンジを担当した。今回公開されたMVには、蝶々Pのほかミニアルバムにエグゼクティブプロデューサーとして携わっている恩田快人(ex. JUDY AND MARY)が出演している。

なおKANAKOは7月22日(金)深夜に日本テレビ系でオンエアされる番組「バズリズム」内の特集「探リズム」に登場。このほか同番組の7月度のPOWER PLAYにも決定した。

最終更新:6月30日(木)22時1分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。