ここから本文です

阪神完敗、DeNA久保康が無四球完封 古巣相手に躍動「結果は100点です。でも…」

デイリースポーツ 6月30日(木)20時39分配信

 「阪神0-3DeNA」(30日、甲子園球場)

 阪神がDeNAの先発・久保康友投手に完封負けを喫した。安打は散発の3安打といいところなく終わった。

 初回から五回まで1人の走者も出せずにいた阪神打線は、六回、先頭の北條が内野安打で出塁したものの、後が続かず。七回、八回も走者は出したものの、チャンスをものにできなかった。

 DeNA・久保康は昨年の6月30日以来ちょうど1年ぶり、今季初となる完封勝利を無四球で飾る内容で4勝目(4敗)を挙げた。打線も初回に筒香の適時内野安打、二回には久保康自身が1死二、三塁から適時打を放つと、四回には宮崎の7号ソロで着実に加点した。

 09年から13年まで所属した古巣を相手の快投にも久保康は「結果は100点です。でも内容が100点になることはまずない。もっともっと詰めていきたい」とさらなる向上を誓った。3点差と決して多くはない援護だったため「タイプ的に低めにゴロをとるタイプなので、球場は広いですけど、点差があまりなかったので、一発がいやだったので低めに丁寧に投げて、引きながら(打者を観察しながら)やってました」とベテランの味が出た投球だった。

最終更新:6月30日(木)20時59分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]