ここから本文です

依然として人気の高い「iPhone 5s」、1万円未満のSIMフリースマホも――ゲオ5月編

ITmedia Mobile 6月30日(木)21時49分配信

 ゲオ店舗で取り扱っている中古スマホの買取ランキングをベースに、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、SIMロックフリーの4ジャンルごとに、買取価格の高いランキングを毎月お届けする。今回は5月1日~31日に集計されたランキングを紹介する。価格はいずれも税込。

【良品でも4980円で購入できるSIMフリースマホ】

 ランキングは、まず3キャリアとSIMロックフリーのスマートフォンで、買取と販売の多かったベスト10を算出。その中で、買取最高値は高い順に、販売価格は安い順に並び替えた。よく買い取られていて/売れていて、かつ買取価格の高い/販売価格の安いスマホが分かるというわけだ。

 ゲオでは良品と、多少の傷ありで別々に価格を出しており、ランキングは良品をベースに作成している。ただし傷ありには、液晶が割れているなどのジャンク品は含まない。価格は端末の状態によって変動するので、あくまで目安として参考にしていただきたい。

 買取と販売いずれも「iPhone 5s」の人気が高く、販売価格はドコモ版が3万円前後、auとソフトバンク版が2万円前後となっている。ドコモ版はSIMロックを解除しなくてもドコモ系MVNOのSIMカードをそのまま使えることもあってか、販売価格はauとソフトバンク版に比べて高い。買取価格は5000円~1万円ほどで、こちらもドコモ版の方が高い。iPhone 6や6sの買取も増えており、買取最高値の上位を独占している。

 LTE対応のSIMロックフリースマホでは、エイサーの「Liquid Z200」とFREETELの「Priori3」が1万円未満と安く購入できるので、格安SIMと合わせて安価に運用したい人は注目しておきたい。ただしLiquid Z200はPriori3と比べてもスペックが低いので、メイン端末にはしない方がいいだろう。

最終更新:6月30日(木)21時49分

ITmedia Mobile

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]