ここから本文です

ヤクルト、今季初先発の村中で広島止めた 2年ぶりの先発勝利「何とか長いイニングを…」

デイリースポーツ 6月30日(木)22時19分配信

 「広島2-5ヤクルト」(30日、マツダスタジアム)

 今季初先発したヤクルトの村中恭兵投手が5回を2失点で切り抜け、広島の連勝を11で止めた。約2年ぶりとなる先発勝利にも、試合後はひょうひょうと「チームが勝てたのはうれしいです」とインタビューで答えた。

 二回に雄平の先制適時打が出て、四回には川端からの4連打などで3点を追加してもらった。四回、五回に1失点ずつしたものの、降板した五回まで毎回三振を奪い、5回2失点7奪三振の内容で試合をつくった。

 先発での白星は2014年8月7日阪神戦以来、約2年ぶり。今季は中継ぎ左腕として33試合に登板していたが、先発の役割を果たした。「(チームに)故障が多くて苦しいところなんですけど、何とか長いイニング投げようと思っていた」と振り返った村中。「八回、九回と抑えてくれなかったら勝てなかった」と普段は自分が務めているリリーフ陣の活躍に感謝していた。

最終更新:6月30日(木)23時9分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]