ここから本文です

高島礼子 なぜ夫の覚せい剤気付かなかった?夫婦生活は円満

デイリースポーツ 6月30日(木)22時23分配信

 女優・高島礼子が30日、京都市内で会見を開き、夫で元俳優の高知東生容疑者(51)が覚せい剤取締法と大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕された事件を謝罪し、同日に自身も事情聴取と尿検査を受けたことを明らかにした。一緒に暮らしていた夫の覚せい剤に気付いていなかったのか-。その疑問に高島は「本当に本当に分かりませんでした」と唇をかみ、夫婦関係について「同志、親友のように仲がいいと思ってた」と涙を流した。

 高島は会見で「(夫の薬物を)気づかなかった、知らなかったと、大声で自慢できることではありません。なんで?(気付かなかった)と言われるのも当然」と語った。

 それでも「本当に、ホンットに分かりませんでした。わたしの中で、そういうクスリ関係のことが起こることを想像もしてなかった」と高知容疑者の覚せい剤を疑ってもみなかったことを説明した。

 夫の様子に不審な点はなかったかと聞かれても「まったく気づきませんでした。もともと彼は感情が豊かな人。それが兆候だったと言われても、分からない。明るい人なんです」と語った。

 世間ではおしどり夫婦と呼ばれており、高島も「わたしはそう思っていた」と話し、家庭内で疎遠だったり会話がなかったことは?と問われても「正直ないです。同志、親友のような気持ちでいたので、仲がいいと思っていた。本当に疑いもしなかったし、楽しく夫婦生活をしていたつもり」と涙を流した。

 高知との結婚に後悔はあるかと聞かれても「自分で決めた結婚ですし、そんなに大きなけんかはなかった。結婚する前の方が戦ってました」。それだけに高知の逮捕を「本当に、冗談かと思うほどに実感がありませんでした」と漏らした。

最終更新:6月30日(木)22時26分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。