ここから本文です

滝沢秀明、“ホラー”で映画初主演 『呪怨』清水崇監督がメガホン「楽しみでいっぱい」

オリコン 7月1日(金)5時0分配信

 俳優でタッキー&翼の滝沢秀明が2017年に公開される『こどもつかい』で映画初主演を飾ることがわかった。映画出演自体も『川の流れのように』(2000年/秋元康監督)以来17年ぶりで、大ヒット作『呪怨』シリーズを手がけた清水崇監督がメガホンをとる完全オリジナルホラー作品に挑む。滝沢は“こども”の霊を操り、大人に呪いをかける謎の男『こどもつかい』を演じ、観客を恐怖の世界へと引き込んでいく。

 突然、子供の前に現れては巧みにその心に入り込み、連れ去ってしまう『こどもつかい』。いつの間にか帰ってきた“こども”に遭遇した大人は、3日後に謎の死を遂げていく…。次々起こる不審死事件の謎を追う新聞記者・江崎駿也にはHey!Say!JUMPの有岡大貴、駿也の恋人であり、『こどもつかい』に翻弄される原田尚美には門脇麦が起用された。
 
 ホラー映画自体も初めてだという滝沢は「今からどう演じるか楽しみでいっぱいです」と期待。「この作品は、怖いだけではなく笑いもあったり、人間の成長物語だったりと沢山のテーマがあり、今までにない作品になりそうです。完全オリジナル、新ジャンルのホラー映画を皆様にお届け出来るよう撮影に挑みたい」と胸を躍らせてる。

 「文化祭のお化け屋敷もリタイアしたくらいに怖いものは苦手」という門脇は、「正直不安もありますが、そんなことより初めての清水組!初めての本格的なホラー作品!初めて尽くしで胸躍るときめきがその不安を軽々越えています!」とやる気十分。有岡は「僕も当時『呪怨』を観て、こんなに怖い映画を作るのはどんな人なんだとうらんでさえいましたが、実際にお会いしてみて、清水監督の醸し出す和やかな雰囲気のおかげで、楽しんで撮影に臨めそうです」と安堵している。

 特殊メイクや衣装、動きやせりふ回しなどで滝沢を世にも恐ろしい人物に変身させていく清水監督は「これまで幾つものホラー映画を作ってきましたが、今回は滝沢さんと共にかなり狂ったホラーキャラクターを生み落します。これまでの邦画に無かった、そして見た事も無いタッキーの役どころにご期待ください」とアピール。「娯楽としての怖さはもちろん、現実社会の問題を背景に展開する、滑稽かつ、はらわたの煮えくり返る様なドラマに仕立てます」と力強く宣言している。

 

最終更新:7月1日(金)5時0分

オリコン